FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある本を読んで思ったこと。

2009-12-03 01:32

自分、心、開いてないよなぁ(笑)。

今、図書館で借りたこれ
点―ten―点―ten―
(2009/03/19)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る


を読んでいるのですが、読んでて、そう思います。


この本、面白いのが、時を重ねるごとに宇多田さんの語り口が微妙に変わっていってるんですよね。

最初はまとまりに欠けて自分を強く見せるような話し方をしてしたのが、だんだんと落ち着いてきて肩の力の抜けた話し方をするようになったと言うか。

なかでも自分が考えていること(思考、嗜好、感覚etc…)についてはインタビューを重ねるごとに明瞭に話すようになっていて、そういう変化を感じながら、ふと自分を省みているとき、自分は本当の意味で人に心を開いてないなぁと思いました。


たとえばですけど、人が言ってることに表面的にはYESと言ってても心のなかではNOと思うこととかたまにあります。

でも、そこでNOを貫けるほど強くないし、仮に言えても大抵やりこめられると思うとYESの方に流れたりとかね。

本当にお互いのためにはNOと言ったほうが良い時でさえも、ぶつかることを恐れてYESと言ったりとか。

それ以外にも良い人ぶってるけど、破壊的だったり、独善的な面もあるし、一人でいることが多いけど実は一人はすごく苦手でさみしがりやで嫉妬深い面もあったりとかとか。

そんな、弱い部分から目をそむけ、殻に閉じ籠っているようなところが心を開けてないところなんだろうなぁと自分では思います。


同じような悩みを抱えていながらも、殻を破った宇多田さんはすごく羨ましいです。

自分はまだ自分の弱い部分を認めてさらけだす勇気がないし、出す術(表現、言葉etc)もわからないですからね。

人間関係で挫折を味わい、自己啓発本を読むようになってから少しはましになったけど、根本的な解決にはまだつながってはいません。


やっぱり、今は色んな本に当たる事かな?

答えはみつからないかもしれないけど、得られるものはあるだろうしね。

宇多田さんよろしく哲学や文学とかかな?
前々から興味あったし、自己啓発本じゃ物足りなくなってきたところだし。


まだまだこの悩みは続きそうです(^^;)

(なんかうまく書けてないなぁ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mockoss

Author:mockoss
(Re) maybe tomorrowの裏ブログです


CDや本の感想を書いております。

ハロプロに関してはこちら

(Re) maybe tomorrow

日常のことはこちら
ぼくのたわごと

当ブログについて
What's worrommoT ebyaM (eR) ?

FC2カウンター

最近読んだ本、最近聞いた曲

mokyukyuの最近読んだ本

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。