FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書録 12/28~12/30

2010-01-15 04:13

ガシガシこうしーん

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


図書館で借りて返した後にちまたで話題になってることを知り、一気に読了。

そんなにすごいこと言ってるのかしらん(笑)?


いわゆる記憶や記録、思考の参考集なんだけど、自分には真新しい事はなかった。

「簡単なことを小難しく書いてるだけ」って印象ですなー。

でも、この手の本ってどれもそうだけどね。

90分でわかるニーチェ90分でわかるニーチェ
(1997/01)
ポール ストラザーン

商品詳細を見る


90分でわかるデカルト90分でわかるデカルト
(1997/03)
ポール・ストラザーン

商品詳細を見る


90分でわかるカント90分でわかるカント
(1997/05)
ポール ストラザーン

商品詳細を見る


面倒なので3つまとめて(笑)。

哲学者の生涯と思想の簡単な説明などをまとめたシリーズ。

キルケゴールやサルトルの時は思想まで詳しく書いてるように思えたけど、今回はそう感じなかった。
きっとハイスピードで読んだからかしらん?

3人の中で一番、共感できたのがカントで、一番、共感できなかったのがニーチェ。

言ってることは一番分からないけど、自分に課した規律を厳格に守り続けたカントの不器用なところはすごく共感できる。

デカルトもどっちかと言うと不器用な印象だったかな?
生涯1度の恋(だったと思う)で、子供をもうけ、愛したというエピソードなんてすごく胸にぐっとくる(5歳の時に死んでしまうのだけど…)。

「我思う故に我あり」という思想も共感できる。
自分を作ってるのは自分の思考(曲解だけど)ってすごい真理だよね。

マーフィーの本読んでつくづくその真理のすごさを知った。

ニーチェは言ってることは分かりやすいけど、夢想家なイメージ。

「キリスト教は邪教です!」を読んでたからかもしれないけど、特段すごいことを言ってる印象はなかった(自分の感性が鈍いだけかもしれないけどね)。


もっともこの辺りは超駆け足で読んだので若干、やっつけ気味です(汗)。

ですので、くれぐれも参考になさらぬよう(笑)。


グランドフィナーレ、31日の読書録は次回更新しまーす。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mockoss

Author:mockoss
(Re) maybe tomorrowの裏ブログです


CDや本の感想を書いております。

ハロプロに関してはこちら

(Re) maybe tomorrow

日常のことはこちら
ぼくのたわごと

当ブログについて
What's worrommoT ebyaM (eR) ?

FC2カウンター

最近読んだ本、最近聞いた曲

mokyukyuの最近読んだ本

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。