FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書録 12/25~12/27

2010-01-13 05:30

年末に読んだ本の感想をあげていきます。

キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』 (講談社+α新書)キリスト教は邪教です! 現代語訳『アンチクリスト』 (講談社+α新書)
(2005/04/21)
フリードリッヒ・ニーチェ

商品詳細を見る


2年ぶりに再読。

そんなにすごいこといってるのかしらん?
つまり、ニーチェさんが言いたいのは「現代のキリスト教は一部の聖職者が権力をかさにして好き放題やってるだけのクソ宗教」って事でしょ?

言いたいことはわかるけど、そんなのキリスト教に限ったことじゃないと思うけどなー。
世の中の不条理なんて大抵そうじゃん。

一部の力あるもんが道理もわきまえず好き放題やってるだけ。

そう言うのは何となーくわかってるから、別にそんなにすごい本だとは思わなかった。

ただ、あの時代にこの発言したのはすごかったんだろうな。
今でいうとたとえば「不景気なのは日本の政治が悪いんじゃなく、アメリカが不景気だからだ」って言うようなものかにゃ?(全然違うか:笑)

前に読んだときは分かりにくくて挫折したけど、簡単に読めましたー。


フェアリー・レルム (1)フェアリー・レルム (1)
(2005/06)
エミリー・ロッダEmily Rodda

商品詳細を見る


しおりんちゃん、お勧めの本。

すごく前に好きだと聞いてたけど、今更読了(笑)。


あの子が好きなのがよくわかるわ(笑)。
魔法使って問題解決ーみたいなすごく分かりやすいストーリー。

彼女と比べるといかにぼくがやさぐれてたか…(苦笑)。
ぼく、彼女と同時期(小学校高学年)にはマガジンばっかり読んでたもんなぁ…(笑)。


本当、痛快でいいですねって感じの児童小説で、彼女の純真さが垣間見れる気がします。
どうか、その気持ち忘れないでください(って、見てないところで言う:笑)。

くれぐれもお兄ちゃん(ぼくのことね:笑)のような、ヲタクの純粋培養みたいな道にすすんじゃだめだよー(笑)。


母―走りつづける列車のように (Shinko’s Heartful Selection)母―走りつづける列車のように (Shinko’s Heartful Selection)
(2000/05)
時実 新子

商品詳細を見る


前に追想展に行ったときに購入してたもの。

祖母に読んでもらいたいと思った。

母親が抱く子供への気持ち。
また、自分の母に対する気持ち。

きれいごとじゃなく、黒い部分まで包み隠さず書いてある。

なんか、女性ってすごいなって思った。
こんな複雑な感情をうちに秘めて、生きてるなんて。

久々にいい掘り出しものに出会えた気がする。

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)悪童日記 (ハヤカワepi文庫)
(2001/05)
アゴタ クリストフ

商品詳細を見る


うよみんさんお勧めの本。

ずいぶん前に教えていただいたのに、今更読了(笑)。

すごい本を薦められたと思った。

エロ、グロの描写がすごい。
加えて、話のやりきれなさに気持ちが沈みがました…。
(コンサート遠征中だったからね:笑)

でもね、それでも読みたいと思わせるのはやはり才能なんだろうか?


うよみんさんのルーツは確かにここにある気がする。

エロ、グロをそれと感じさせない高い文章力と表現力。

最初は分からない部分もあったのは事実だけど、今では日記の更新を楽しみしてる自分がいるもん。


うよみんさん、恐れ入りましたm(_ _)m


28日以降の読書録は次回更新しまーす。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mockoss

Author:mockoss
(Re) maybe tomorrowの裏ブログです


CDや本の感想を書いております。

ハロプロに関してはこちら

(Re) maybe tomorrow

日常のことはこちら
ぼくのたわごと

当ブログについて
What's worrommoT ebyaM (eR) ?

FC2カウンター

最近読んだ本、最近聞いた曲

mokyukyuの最近読んだ本

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。