スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書録 10/24,25

2009-10-26 08:57

最近、これと教習所ネタのためだけにブログを更新している気がする(^^;)

一番になる人一番になる人
(2008/08/05)
つんく♂

商品詳細を見る


期限ぎりぎりだったので1日で(ry
(っていうか、そのスピード別に使えよ:笑)

つんくさんの他の著作に比べるとやや内容は細かいかな?

高速で読んだのでほとんど内容は覚えてないのですが、「クラス内ニッチ」(クラスで誰もやってないことで1番を目指す)の発想とかは参考になりましたね。

シャ乱Q時代から黒田節をやったり、映画に出てみたりといろんな事に挑戦してきたのもウケ狙いでなく、新しいものを追い求める意味でやったというような真面目な部分がすごくいいなと思いましたね。

チャラチャラしてるように見えて、実は緻密なつんくさんの一面を覗く事ができます。

一見、奇抜に見えるアイデアも深く考えた上でやられていると言うことなんですね(^^)


すぐり (チェーホフ・コレクション)すぐり (チェーホフ・コレクション)
(2006/10)
アントン・P. チェーホフ

商品詳細を見る


こちらは短かったので2時間足らずで読めました。

簡単に言うと、「幸せは誰かの犠牲によって成り立っている」みたいな感じのお話でしょうか?


貧乏役人だった語り手の弟は金持ちの妻と結婚し、「すぐり」のある家に住み、地主になると言う夢を実現した。

彼にとっては夢を実現した幸せな人生かもしれない。

しかし、その幸せとは領地の住民によって成り立っているものだ、と。

こう言う考えは好きじゃないけど、言いたいことは理解できますね。

だからこそ、どうしたらみんなが幸せになれるか考えるわけで。

「幸せとは時に残酷なもの」と言うことをこの小説は教えてくれます。
スポンサーサイト

プロフィール

mockoss

Author:mockoss
(Re) maybe tomorrowの裏ブログです


CDや本の感想を書いております。

ハロプロに関してはこちら

(Re) maybe tomorrow

日常のことはこちら
ぼくのたわごと

当ブログについて
What's worrommoT ebyaM (eR) ?

FC2カウンター

最近読んだ本、最近聞いた曲

mokyukyuの最近読んだ本

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。