スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/17 冬ハロ(シャッフルデート)@大阪 番外編

2010-01-19 05:56

続きです。


寝屋川市駅で降りてから、近くのTSUTAYAで地図を立ち見し、だいたいの経路を把握。

大阪方面に出ることを目指し、線路に沿って徒歩開始。


まぁ、歩いていれば自然と大阪方面に着くよねと思ったのが甘かった。

1時間歩いて着いたのは大阪寄りじゃなく、逆の枚方寄りの香里園駅w


仕方ないので、コンビニで再度地図を確認し、大通りに出て守口市沿いに淀川に出る経路を再度練り直し。

ついでに疲れちゃいけないのでパンを買って糖分補給もしました。

実は言うと、この辺りは大阪に住んでたときに1度歩いたことあるんですよね。
あの時は茨木から摂津経由で寝屋川、守口と回って帰ったっけ?

だから、うろたえることもなく、落ち着いてました。


大通りを1時間ほど歩き、淀川沿いに到着。

これは思ったより早く帰れそうだぞーと思い、高速に沿って歩いたのが甘かったw

ふたたび、あさっての方向に向かいだし、ついたのは守口市の南寺方東通www

どうやら目標の東淀川区とは全然別方向の鶴見区の方に向かってたみたいですw


仕方ないので、またコンビニで地図を確認し、とりあえず、守口市駅まで出てそれから橋を渡って東淀川区に出る経路を計画。


この時点で時計はすでに4時www
1時間前に淀川沿いを歩いてたからそのまま行けばこの時間には東淀川区に入れてたというのにw


守口市駅の方向に向かって歩き、さらに西の方向に向けて歩き、ようやく淀川到着。

河川敷を南に歩き菅原城北大橋を渡りようやく東淀川区へ。
それから延々と淀川を沿って歩き、JR京都線が通る線路沿いに到着。

この時点で時刻は5時半w

もうすでに学研都市線か阪急千里の始発が通ってた気がしますwww


それでもここまで来たら意地でも使いたくないと思い、線路沿いを北上し、6時10分にようやく新大阪に到着。

そして、無事、6時30分にホテルに到着しました。


まぁ、自分でもアホなことしたなーと思ってますが、自分の意志に挑戦してみたかったのが本当のところだったりします。

どれだけ時間がかかっても最後までやってみようって。


なんか半分、人生の縮図を見せられているような感覚になりましたが、最後まであきらめずにゴールできたし、数時間前のおセンチな気持ちも吹っ切れたしで清々しい気持ちになりました。


で、ここでmixi日記を更新して、バタンキュー。

3時間ほど爆睡していましたw


日曜日は9時起床。

ホテルのチェックアウト時間が11時だったので、用意をし、時間ぎりぎりに出発。


ネカフェに移動して、休憩しようかなと思ったものの、身分証明書を持ってき忘れたことに気づき、環状線ぐるぐるに予定を変更w

3時間あるし、寝れるだろーと思ってたんですが、全然寝れませんでしたw

意外と乗り換え多いし、席も2回ほど譲ったしでw

結局、ほとんど寝れないまま会場に向かいました。


続きは表ブログ
スポンサーサイト

1/16 冬ハロ(モベキマス)@大阪 番外編

2010-01-19 01:28

表ブログの続き


ホテルについてから、さっさと寝ようと思ったけど、晩御飯がコンビニ弁当もなんだかなと思ったので持ってきていた関西ラーメンの案内を持って、ホテルを出発。


最初はなんばの汁なしラーメンを食べに行こうと思ったのですが、急に衝動に駆られて枚方市樟葉の「天下一品」に変更。


別に天下一品に行きたかったわけじゃなく、ある場所に行ってみたくてこの店を選びました。

というのも、ここ樟葉は知ってる人が住んでて、思い出の場所でもあるんですね。

その人との間にまぁ、色々ありまして、それをずっと引きずっていたんですが、もうそれにとらわれなくて良いかなと思い、自分なりに区切りをつけるつもりで行ってきました。


まぁ、恥ずかしいので詳しくは書きませんが、その時の自分はかなりおセンチでしたwww

でも、すっきりした。
長い間、胸につっかえていたものがすっと取れたような気がしました。


その後は天下一品に行って遅めの晩御飯。
あとから思えばちゃんと携帯持って行けばよかった。

あゆなさんの最寄駅ってことを聞いてたから、呼んでみようかなって考えていたので…。


晩御飯を終了後、樟葉駅に急いで帰るもすでに大阪方面行きの終電は出た後w
寝屋川市までしかいけないということで、寝屋川市駅まで行く。

寝屋川市駅にはタクシー泊まっていたものの、衝動にかられてホテルのある東淀川駅まで歩いてみたくなって、徒歩で歩くことを決意w
(タクシー乗ったら金かかるなって思ったのもありますが:笑)

ここから壮絶な徒歩のたびが始まりますw


続くw

読書録 12/9

2009-12-14 00:49

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。―狐狸庵先生の心に届く手紙十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。―狐狸庵先生の心に届く手紙
(2006/08)
遠藤 周作

商品詳細を見る


いやー、面白かった。

単なるハウツー本じゃなく、エッセイみたいな調子で書かれているので、読みやすかった。

作家ならではの視点でシチュエーションに応じた手紙の書き方みたいなものを章立てて書いてあるんだけど、
その一つ一つが人間関係にも活かせるくらい濃密だからね。

「読む人の身になって文を書く」と言うのは本当、勉強になった。

手紙だけではなく、文章を書く上でヒントになりそうなことがいっぱい詰まってる。


これはまた、再読したいですね。

ある本を読んで思ったこと。

2009-12-03 01:32

自分、心、開いてないよなぁ(笑)。

今、図書館で借りたこれ
点―ten―点―ten―
(2009/03/19)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る


を読んでいるのですが、読んでて、そう思います。


この本、面白いのが、時を重ねるごとに宇多田さんの語り口が微妙に変わっていってるんですよね。

最初はまとまりに欠けて自分を強く見せるような話し方をしてしたのが、だんだんと落ち着いてきて肩の力の抜けた話し方をするようになったと言うか。

なかでも自分が考えていること(思考、嗜好、感覚etc…)についてはインタビューを重ねるごとに明瞭に話すようになっていて、そういう変化を感じながら、ふと自分を省みているとき、自分は本当の意味で人に心を開いてないなぁと思いました。


たとえばですけど、人が言ってることに表面的にはYESと言ってても心のなかではNOと思うこととかたまにあります。

でも、そこでNOを貫けるほど強くないし、仮に言えても大抵やりこめられると思うとYESの方に流れたりとかね。

本当にお互いのためにはNOと言ったほうが良い時でさえも、ぶつかることを恐れてYESと言ったりとか。

それ以外にも良い人ぶってるけど、破壊的だったり、独善的な面もあるし、一人でいることが多いけど実は一人はすごく苦手でさみしがりやで嫉妬深い面もあったりとかとか。

そんな、弱い部分から目をそむけ、殻に閉じ籠っているようなところが心を開けてないところなんだろうなぁと自分では思います。


同じような悩みを抱えていながらも、殻を破った宇多田さんはすごく羨ましいです。

自分はまだ自分の弱い部分を認めてさらけだす勇気がないし、出す術(表現、言葉etc)もわからないですからね。

人間関係で挫折を味わい、自己啓発本を読むようになってから少しはましになったけど、根本的な解決にはまだつながってはいません。


やっぱり、今は色んな本に当たる事かな?

答えはみつからないかもしれないけど、得られるものはあるだろうしね。

宇多田さんよろしく哲学や文学とかかな?
前々から興味あったし、自己啓発本じゃ物足りなくなってきたところだし。


まだまだこの悩みは続きそうです(^^;)

(なんかうまく書けてないなぁ)

プロフィール

mockoss

Author:mockoss
(Re) maybe tomorrowの裏ブログです


CDや本の感想を書いております。

ハロプロに関してはこちら

(Re) maybe tomorrow

日常のことはこちら
ぼくのたわごと

当ブログについて
What's worrommoT ebyaM (eR) ?

FC2カウンター

最近読んだ本、最近聞いた曲

mokyukyuの最近読んだ本

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。