スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書:「自省録」マルクス・アウレリウス

2010-07-10 03:41

忘れないうちにサクサク更新していきましょう(笑)。

自省録 (岩波文庫)自省録 (岩波文庫)
(2007/02)
マルクスアウレーリウス

商品詳細を見る


読後直後の感想は以前にここに書いてあります。

うん。
なんというか、評判通りいにしえの自己啓発本(笑)。

ざっと言うと著者であるマルクスさんの自戒の言葉集。
とはいえ、他人に寛容たれとかそれこそ、自己啓発的な読み方もできると言う。

権威に弱い僕ちんとしては松下幸之助さんの「道をひらく」並に心に響いた本。
一つ一つの言葉に何となく重みがある。

特に「他人に寛容たれ」なんか本当しつこいほど出てくるので始終考えさせられる。

この手の話ってスピリチュアルだの自己啓発系だのでほんま散々出てくる物言いであるけど、
昔からの真理みたいなもんなんすね。


ここまで強くなれないけど、解説に書いてある「常に孤独で自分を律してた」みたいなのを聞くとかっくぃー!!><かくありたいと思う。

困った時頼りにしたい本ですね。
スポンサーサイト

読書:「武士道―入門」新渡戸稲造

2010-05-13 02:45

武士道―入門武士道―入門
(2004/09)
新渡戸 稲造

商品詳細を見る


その名の通りの本(笑)。

要点のみを抽出し、読みやすくまとめた武士道の要約本。


原著を読んでないのでどうなのかは分からないけど、こちらは文字数もそんなに多くないからかさらっと読めた。

たとえば「負けるが勝ち」の説明などはここに書いているだけでも十分分かったような気がするのだが、どうなのだろう?

手元に三笠書房版の現代語訳の武士道があるので今度読み比べてみようか。


読んだ感想としては「学問のすすめ」とまったく逆のように思えた。

あちらは武士をやり玉にあげて自立を説いてるけど、
こっちではその武士の精神から日本人のあるべき姿はこうだと書いている。

一つのものにしてもこうも見方が違うんだと言うことがすごく興味深かったね。

今度、原著を読んでみようと思います。

読書:「マンガ『禅』入門」吉祥寺 一・八剣 ヒロキ

2010-05-11 03:01

マンガ「禅」入門 (講談社プラスアルファ文庫)マンガ「禅」入門 (講談社プラスアルファ文庫)
(2004/09)
吉祥寺 一矢八剣 ヒロキ

商品詳細を見る


1989年に出たらしい同一作品の文庫版。

思想が入り組んでて結構面白い。
「努力」は必要だけど、でも、「名を成すため」など何か「理由」がくっついてるような「努力」は意味が無いと言う考えは参考になるね。

そういう努力ってむなしいもんな。
進学校に進んで燃え尽きた人間なんでよくわかるよ。

「理由ありきの努力」じゃなく、やりながら「真理をみつけるような努力」をすることが大切なんだってよく分かった。

まー、自然体が一番だよね。

読書:「アメリカ」飯島耕一

2010-05-08 01:48

アメリカアメリカ
(2004/10)
飯島 耕一

商品詳細を見る


岡山出身の詩人の2004年発表の詩集。

詩に慣れてないせいか、どう読めばいいのか、どう楽しめばいいのか分からなかったのが正直なところ。

韻を踏みまくってるようでもないし、短歌みたいに決まり切ったルールがあるわけでもないし…。


ただ、割とテンポが良い作品が多かったし、その意味ではリズミカルに読めて面白かったかも…(不勉強ですみません)。

岡山の地名がよく出てくるので自分は想像しやすかったですね。
特に戦中の描写については祖母からよく聴いている話と近い物があったし。

あとはまたコルトレーンやバド・パウエルと言ったミュージシャンの名前が出てくるので、おしゃれ…じゃないなぁ、何となく若々しい印象も受けたかな?


辛口と言うか、ある意味ではストレートな書き口。

詩がどういうものかは分からないけど、読みやすくはある作品でした。

読書:「カンジヤノハナシ」

2010-05-05 05:58

貫地谷しほりフォトブック『カンジヤノハナシ』貫地谷しほりフォトブック『カンジヤノハナシ』
(2009/03/26)
土井 文雄

商品詳細を見る


竜馬伝の千葉佐那役が印象的だった女優さんの2009年発表の写真集。


内容自体は普通の写真集にインタビューがちょこっとある感じ。

これまでの芸能生活を振り返った感想やら、100問クエスチョンとかざっと読めるような簡単な本です。


女優さんの写真集だけあって、わりかしオシャレな印象なんですけど、意外とおっぱいでかいのにはびっくりw

やあ、そこのページには釘付けになってしまいましたぜ。


ざっと見た感じとしては笑顔も素敵なんけど、ひきしまった顔がすごくきれいだなって思いましたよ。
あややにも多少なりと似てるよね。

なんか好きです。

図書館で借りたのだけど、これはきちんと買っておいてもよかったかも。

プロフィール

mockoss

Author:mockoss
(Re) maybe tomorrowの裏ブログです


CDや本の感想を書いております。

ハロプロに関してはこちら

(Re) maybe tomorrow

日常のことはこちら
ぼくのたわごと

当ブログについて
What's worrommoT ebyaM (eR) ?

FC2カウンター

最近読んだ本、最近聞いた曲

mokyukyuの最近読んだ本

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。