スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽:「スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ」オアシス

2010-11-08 01:50

スタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツスタンディング・オン・ザ・ショルダー・オブ・ジャイアンツ
(2010/09/01)
オアシス

商品詳細を見る


完全に脊髄反射というか、書かずにはおれんと言うか。
今、Amazonのレビュー見てたんだけど、ひどくこのアルバムを酷評してる人が何人かいるね(苦笑)。

今は若干色あせちゃった感はあるけど、僕の中ではこのアルバムは1,2を争うくらい大好きな作品であります。


あんね。
3rdの頃から洋楽聴き始めた僕からすると、このアルバムはそれまでに僕が好きになった音楽の要素が全部つまっとんよ。


7thは聴いてないので断言はできないけど、オアシスの歴史の中ではかなりテクノロジーを凝らしたアルバム。
Fuckin' In The Bushesしかり、Who Feels Loveしかり、まぁ、便利な言葉に逃げるとサイケデリックと言うのかな?

まぁ、ちとダンスミュージックの要素も含むようなリズミカルな仕上がりの曲が多くて、そりゃあもう、すげーなと思った記憶があります。


まぁ、暗いから最初はダルく感じるのは否めんかもしれんけど、結構、スルメなんよね。
Gas Panic!にしろ、Where Did It All Go Wrong?なんかにしろ、聴きこめば味が出てくる感じで。

まぁ、本当、すーっと心に入ってくるようなそう言うアルバムなんよね。


自分だけかもしれんけど、2ndはともかく、1stはリアルタイムで体験してないからいまいちすごさは分からない部分もある。
そんな自分からすると、オアシスの最高傑作の一つとして実験的要素が強いこれを推したいとも思う。

捻くれとるけどね(笑)。


けどね。
駄作なんかじゃないよ。

いろんな不運で評価されなかっただけさ。
スポンサーサイト

音楽:「メシ喰うな」INU

2010-11-07 14:42

メシ喰うなメシ喰うな
(1998/08/26)
INU

商品詳細を見る


久しぶりの更新w


名前と評判とイメージにやられました(苦笑)。
自分が想像してたよりかなりポップなアルバムだなぁと思いました。

ニューウェーブなんかな。
僕はこれを聴いてるとP.I,Lを思い出します。

難解?
実験的?

よくわからないけど、2010年の今でも十分刺激的な音。
癖になるよね。

あの時代に日本でP.I.L.ちっくな音をやってたってだけで感動です。

音楽:「ザ・トリック・・トゥ・ライフ」ザ・フージアーズ

2010-09-22 02:51

ザ・トリック・トゥ・ライフ(期間生産限定盤)ザ・トリック・トゥ・ライフ(期間生産限定盤)
(2008/04/09)
ザ・フージアーズ

商品詳細を見る


twitterで仲良くさせていただいているykhtさんのツイートに出てきたので借りてみた。

僕にとってはすごく懐かしいサウンド。

ちょっぴりひねててすごくポップ。
そして、哀愁を誘うメロディー、高音ヴォーカル。

って好きな要素を全部充たしてるじゃねーか。(ちなみに管理人UKらいすっきどぇす)

特に1曲目の「Worried About Ray」が本当最高すぎますね。
なんというか、この曲のハネるドラムとギターのカッティングがすごく良いんですよ(T-T)(泣かんでええ)

ちょっとアー写だったりがハイプ臭がしますけど、結構、正当派のポップロックサウンドですよん。

音楽:「アッティカ・ブルース」アーチー・シェップ

2010-08-25 03:05

元の更新に戻ります。

アッティカ・ブルースアッティカ・ブルース
(2001/06/27)
Archie Shepp

商品詳細を見る


ほんっっっっっっっっと、このアルバムは大好きです!

スライとか、70年代ファンク(?)とかに通じるものがあってむっちゃ聴きやすいんですよね。
ジャズはいまだに雰囲気で聞いてるとこがあるんだけど、これだけは音とかメロディーで聞いてるとちゃんと言える(笑)。


ジャズと言うよりソウルやファンクのアルバムと言う風な位置づけの方がしっくりと来るかもしれません。

表題曲のギター・カッティングなんてファンクそのものだし、実際、ヴォーカル曲が多く、それらがいわゆるジャズ・ヴォーカル的な歌い方をしてなかったりするもんだから、(後半にこそジャズっぽい曲は出てくるものの、)ジャズ・アルバムを聴いてるなぁと言う感覚があまりしませんしね。

なんでも良いからとりあえず「ジャズ」に分類されるものでも聴いてみようかなと言うのには最適なアルバムだと思います。

ただし、次に聞くのが同じくシェップの「The Magic of Juju」だったり、本格的にジャズを聴こうとするとなると軽いカルチャーショックを受けること間違いなしなのでご利用は計画的に…
音楽レビューサイトOOPS!より 「Attica Blues」商品ページ



以前、別名で書いたこのレビューにまったく付け加える事がございません。
出会ってからもうすぐ5年がたちますが、僕にとって「アッティカ・ブルース」はファンク。

音のふくよかさと言い、粘り気のあるヴォーカルと言い、本当気持ちいいです。

久々に図書館から借りて来て聞いてるんですけど、かっけーなーって思います。

超名盤です!

サマーソニック2010 個人的雑感 9 EELS→JAY-Z→THE SMASHING PUMPKINS→CALVIN HARRIS

2010-08-20 02:14

どこ行こうか、散々悩んだな…。
知ってる曲だけ、見るのもなんだかって思ってPARKにとどまったんだけど…

EELS(PARK STAGE)

むっちゃ人少なかったな。
オープニングSEだけで6分も引っ張ってて「はよせーや」って思ったわw
「Souljacker」のようなやややわらかめな音期待してたんだけど、すんごい激しかったw

JAY-Z(OCEAN STAGE)

で、4曲でギブしてこっちきたんだけど、こっちはそこそこ人いたね。
後ろはさておき、前の方はノリノリだった。

カッコよかったねー!
音も厚くてわりとしっかりしてた。

偶然にも「99 Problems」を生で聞けた。
もうCDまんまのノリで、むっちゃテンションあがった。

THE SMASHING PUMPKINS(SKY STAGE)

で、満足してこっちに移動したんだけど、帰る人が多かったなー。
後ろ(OCEAN)から「Sunday Bloody Sunday」が流れた瞬間は立ち止ったけどねw

こっちはかなりの人いた。
覚えてる範囲でいうと、「Perfect」、「Stand Inside Your Love」、「Tarantula」、「Disarm」、「Tonight,Tonight」はやった。

「Disarm」は「Siamese Dreamからの曲」って言って、ベース・ドラム無しでギターがストリングスパートを弾くとシンプルなアレンジ。
「Perfect」はアルバムよりハードなアレンジだったかな?。

知らない曲も幾らかあったけど、楽しかった…かな。
「思ったより、ひずんでるっ」と言った印象だった。

CALVIN HARRIS(DANCE STAGE)

荷物受け取って、ついでのつもりだったんだけどw
結構、人いたねーw

まったく曲知らなかったけど、バキバキで無茶楽しかったw

フロアのテンションも高かったなー。
本当、最初からいればよかったよ。

プロフィール

mockoss

Author:mockoss
(Re) maybe tomorrowの裏ブログです


CDや本の感想を書いております。

ハロプロに関してはこちら

(Re) maybe tomorrow

日常のことはこちら
ぼくのたわごと

当ブログについて
What's worrommoT ebyaM (eR) ?

FC2カウンター

最近読んだ本、最近聞いた曲

mokyukyuの最近読んだ本

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。